お金がない人の話1

お金がない人の話

女性の写真
今日は2人して精神科の病院に来ています。
昨日は内科外科の病院に行きました 私たちは二人とも精神疾患を持っているのでどうしても毎月病院に一回あるいは2回通って薬をもらわないと生きていくことができません。
その病院代と薬代は本当に 大変なのです 本当にかけよう逼迫しています 私たちは年金で 毎月年金で暮らしているというか障害年金を払っていたので障害年金で暮らしています 障害年金は毎月 間違えましたに支払われるので銀行にお金が振り込まれます。

 

年金あるだけまだマシといえるかもしれませんがあっても精神科の先生が言うことには私の精神障害の程度があまりにも重いので 家事をすることが全くできないだろうということでした。
ご飯を炊くこともできません言われる本当に鬱になってしまったので そうすると私たちは燃やしでしかくらすことができませんなぜならばお米を炊くことができなくてももやしだとそのまま電子レンジでチンするが食べられるからです。

 

もやしを食べられるだけまだましかもしれませんが私たちは朝食べるお米がありません お米があってもお米を炊くことができないので本当にどっちにしても苦しいところです。
メモ明日食べるお米が無いとは何者にも 今までいろいろ貧乏してきました自己破産をしたりお金を借りたり飲んを組んだ その中で今が一番本当に苦しいかもしれません今までも苦しい事がありましたが今も本当に苦しいと思います。